ホテル?民宿?まず決めたい宿のスタイル

一泊以上の旅行に行くとなると、まず決めなければならないのが宿泊先です。後悔しない旅にするためには、宿の満足度も大きく関係してきます。できることなら「いい所だったね」と言える所に泊まりたいものです。 宿泊先を決める際には、はじめにどのようなスタイルの宿にするかを決めていきましょう。大きなホテルタイプの所もあれば、家族で経営しているアットホームな民宿などもあります。温泉街などの観光地では、立派な佇まいの老舗旅館も多いでしょう。スキー場や避暑地の高原などでは、見た目も可愛いペンションが建ち並んでいます。 和風にするのか洋風にするのか、まずはそこから決めるのもひとつです。旅の情報誌やインターネットなどでは、宿情報で写真もいろいろ載っているので、見比べてお気に入りの所を探してみましょう。

何を重視するかによって宿は決まる。

宿選びのポイントは、自分たちが何を重視するかを定かにしてそれが満たされる所を選ぶとうまくいきます。 例えば温泉に入ることがメインの旅であれば、展望風呂や貸切風呂など温泉自慢の宿を探すと良いでしょう。また地元の美味しい料理を食べたい場合は、こだわりの食材を使った料理自慢の宿にすれば満足できるはずです。 そのほかにも、今回の旅は観光スポット巡りにお金をかけたいので宿代は節約したいというのであれば、リーズナブルなビジネスホテルを取るのもひとつでしょう。素泊まりの民宿という手もあります。 もうひとつ気を付けなければならないのは、宿の立地です。いろいろ観光したい場合は、観光エリアを巡りやすい場所にある宿にしましょう。 旅は下調べしていろいろ計画する時間もまた楽しいものです。宿を探していくうちに、ワクワク感も増してくるのではないでしょうか。