事前に海外旅行保険に入っておこう

海外旅行に行く前にチェックしておきたいことがあります。1つは保険への加入です。海外は日本と気候も食べ物も違うので、体の調子に影響を与えやすい環境です。病気に罹って病院に行くこともあるかもしれません。そのときに保険に入っていると安心です。日本の医療システムとは異なり、海外で診察を受けると非常に高い料金を請求されます。保険に入っておけば、治療費を補填してくれます。 荷物の破損や盗難にも保険が適用できます。旅行先で高級品を思わず壊してしまうかもしれません。何百万、何千万もするものだったら支払えませんよね。こういったパターンでも保険が使えます。ただ単にカメラを落として壊してしまっただけでも保険が効いて、修理費用や減価償却分の費用を負担してくれます。

荷物の機内持ち込み品をチェック

海外への飛行機に持ち込めるものには厳しい制限があります。空港の手荷物検査場で全ての手荷物をチェックされます。液体物は100ml以内のジップ付きビニール袋に入る分しか持ち込めません。化粧品のリキッドファンデーションやマスカラも液体物として扱われます。よく没収されているのがペットボトルです。飲み物を買いたければ、手荷物検査場を通った後にあるショップで購入しましょう。 機内手荷物は2つまでと決まっています。座席の足元や頭上の荷物置き場に入らないサイズのものは機内預けにするように言われます。もし空港の免税店でお買い物をして手荷物が3つ以上になったり、サイズが大きすぎたりすると、飛行機に搭乗する前に預けないといけません。